マイベスト起業準備コンサルタント佐藤愛 プロフィール

佐藤愛プロフィール仙台

マイベスト起業準備コンサルタント 佐藤愛(めぐみ)
1978年生まれ。宮城県気仙沼市出身。
石巻専修大学院理工学研究科生命科学専攻修了。

<実績・経歴>

■10年間システム開発において
「1300件以上の問題解決」をしてきた経験より
プロセスを最適化しスムーズに起業準備を
進めるためのサポートが可能

■自分の価値を客観視できず、
高額サービスを提供できなかったセラピストが
コンサルティングにより講座1回5000円から
「月100万以上」を達成!

■ビビリな会社員が、会社員マインド書き換えにより、
不労収入で「月収100万以上」獲得

■5年間ノウハウ収集のみで行動しなかった会社員が、
不労収入「月収30万」獲得

■自己評価が低かったパート主婦が、
思考・行動を書き換えることにより
不労収入「月収10万獲得」

■不動産事業をベースとした会社員向け少人数制副業塾を
プロデュースし、会社員マインドから起業家マインドへの書き換えにより、
行動の加速化と習慣化による継続化を実現

システムエンジニアから
コーチ・コンサルへと異業種での
起業にも関わらず、「クライアントの思考グセ」や
「心のブロック」をロジカルに分析し対処方法を提案。

会社員からビジネス構築する際に
一番の障害となる会社員マインドを
起業家マインドへ書き換え、
習慣を作ることにより、
ビジネス構築行動を加速させるのが得意。

本来の自分を認め信じることで、
個人の才能を最大限に発揮できる。
個人がお互いに価値を
提供しあいながら世界を
クリエイトしていく社会を目指す。

過去に培われた固定観念に捕らわれ
自分の才能を認めていない、
将来の可能性を狭めている人向けに
自分の価値を認め行動を起こす土台を
提供していく。

趣味は、映画や音楽、漫画。
リラックマ等のかわいいものを集め
愛でることが好き。
出身地気仙沼のカフェショップ
「アンカーコーヒー」を
プライベートで復興支援として
長く応援している。

 <保有資格>

  • CERTIFIED SCRUM MASTER
  • 日本ライフセラピスト財団認定
     スピードコーチングコーチ

<主な活動>

  • 復興ビジネス志向型大家さん養成塾プロデュース
  • 復興起業家コミュニティFの会運営サポート
  • ウーマンフェスタ2015実行委員
  • 仙台ITビジネス研究会会員

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

こんにちは!
マイベスト起業準備コンサルタントの佐藤愛です。

私は、1978年3月14日に
宮城県気仙沼市に生まれました。

両親が共働きであったため、
物心つく前から小さな酒屋を営む
ばあちゃんの家で日中を過ごしました。

ばあちゃんの家では、
従姉妹のお姉ちゃんが大好きで、
いつも遊んでもらおうと
後ろをくっついて歩き回っていました。

どちらかと言えば、複数で遊ぶよりも、
一人で遊ぶのが得意な子どもでした。

母曰く、
「放置していても一人で遊んでいた」
ので、その点は楽だったらしいです。

大勢の中にいると、
誰の顔色を見て行動すれば良いのか
よくわからなかったため
大勢の場は苦手な子どもでした。

周りからよく言われていたことで、
「めぐちゃんは真面目だから」
「めぐは優秀だからな」というのが、
とても嫌でした。

というのも、真面目=面白みのない人
という意味があるように感じ、
自分がつまらない人間なんだなと
思っていたからです。

中学生の時は、いじめを経験しました。
筆箱の中にゴミを入れられたり、
私が書いた日誌にぐちゃぐちゃに
いろんな落書きがされていたことも
ありました。

肉体的に殴られたり、蹴られたりは
さすがにありませんでしたが、
相手に対して何もしていないのに、
「バカ!死ね!ムカつく」と言葉で
罵られたこともありました。

また、表面では笑顔で仲良く話を
していたのにもかかわらず、
私のいないところで、
ボロクソに悪口を言って
バカにされていたこともありました。

部内でみんなでお金を出しあい
試合の時に使う大きいタオルを
買おうとなった時、
他の人が払った金額の倍以上を
知らずに払っていたことも。

そんなことを経験してきたので、
ある日母親から、
「あんだクラスで人気無いでしょ?」
と言われた時、
「そんなのお母さんに言われなくても、
私が一番知ってるし!」
と、酷く傷つきました。

この頃から長きに渡り、
「女が集団になるとろくなことない」
いう思い込みを抱くようになりました。

それでも、自分の弱さを他の人に
晒すのが嫌だったので、
あえて強気でいることが多かったです。

 

そんな子供時代を経て、
大学院を修了後、
システムエンジニアとして
大手メーカー系IT企業に入社しました。

新人の頃、論理的に話をするのが、
とても苦手でした。

そのため、リーダーへの報告が
わかりにくいということで、
何度も指摘されていましたが、
なかなか改善しませんでした。

そんな時、
「なんでできないの?」
と言われるたび、
「それがわかったら困らないよ!」
と思いながらも、
できない自分を責めてばかりいました。

リーダーから叱られるたびに、
焦って言いたいことがうまく言えない。

うまく言えないので、
リーダーからまた突っ込みが入る。

さらに焦って、どんどん言えなくなる。
という悪循環を繰り返していました。

リーダーは期待しているからこそ、
私のために時間を割いてくれているし、
叱ってくれているとわかっていました。

なので、期待になかなか
応えられない自分がすごく嫌でした。

そのたびに、自分を責めまくり、
こんなダメな自分なんて不要だ!
必要のない自分は死ねばいい!
とまで思っていました。

そして、
ストレス解消のためにお酒を飲み、
お酒を飲みながら会社の愚痴を言う。

お酒でテンションを上げて、
楽しくなることでストレス解消。

外で飲むだけでなく、
家で一人飲む時はワイン3本。

Twitterで上司や会社の愚痴を言い、
やさぐれていました。

ただ、この状態を繰り返していても、
何も変わらないことは、
自分でわかっていました。

自分が嫌いで、
自分を変えたいと思っていたし、
仕事するにも遊び心が欲しい
とも思っていました。

でも、具体的にどうすればいいのか
わからないまま、
目の前の仕事に追われる日々を
送っていきました。

 

そして、入社から10年目の年、
東日本大震災を経験しました。

これまで見たことのない
大きな津波で何もなくなった
気仙沼の風景を見て、
自分も何かしなければと
探し動き始めました。

同年参加した自己啓発セミナーにて、
コーチングと出会いました。

自分と向き合うことで、
お酒が無くても元気になれると知り、
お酒を辞めることにも成功。

過去の経験からできた傷に向き合い、
思い込みを解消することも
できるようになりました。

自分を認め、好きになることで、
周りから嫌いな人はいなくなりました。

自分が変わったように、
コーチングを通じて、
東北の人を元気にすることができる!

コーチングで起業することを決め、
コーチング講座の仙台拠点の運営を
スタートします。

 

その後、会社を退職するも、
ビジネスに関しての知識は
ほとんどありませんでした。

コーチング講座の運営も
ままならなくなり、
自分のクライアント獲得が
できない状態が続きました。

たまたま、ご縁により出会った
ビジネスの塾で学ぶことにより、
必要な知識・スキルを身につけます。

その塾での教えは本質的であり、
他の塾生がどんどん成果を
上げていきます。

一方、私は借金をしながら、
早く売上を上げなければと
焦りと不安を抱えながら
余裕がない状態で
活動していました。

メンターの教えには間違いがない。
できないのは自分がダメなんだ。
と、自分を責めてばかりいました。

さらに、抱えた不安を
兄弟子に吐露したところ、
「今、そんなこと
言ってる場合じゃないでしょ」と
諭され、その通りだと思い
自分の感情に蓋をするようになりました。

やることをやらなければ、
結果を出すことは出来ない。

やらなければという思いと裏腹に、
どんどん行動が鈍くなっていきます。

メンターや他の塾生に相談することも
できたのにもかかわらず、
相手の貴重な時間を奪うに値しないと
相談することもしませんでした。

そして、
頭ではやるべきと思っていても、
心では不安を抱えている状態で、
体は体調を崩すことが多くなりました。

最終的には、
成果を上げられない申し訳無さと
自分の不甲斐なさから
その塾を辞めることにしました。

 

ここの塾で起業できない自分は、
起業なんて無理なんだと思い込み
ひきこもりになります。

これまでやっていた
Facebookやブログの更新を止め、
誰とも連絡を取らずに
自分とひたすら向き合う日々。

その間、
買ってあった本、学んだノウハウを
駆使するも、なかなか復活できません。

そこで、これまでのすべてを捨てて、
そもそも何故地元のために
起業したいと思ったのか
深掘りしてみました。

過去何度も津波被害により
街が無くなりそのたびに街が
復興してきた歴史を知ります。

そして、気仙沼に生きてきた先人の
「諦めない不屈の精神」が
自分にもあるんだと確信。

自分は大丈夫だと、
信じることができたのです。

 

そこから徐々に活動を再開し、

  • 自分の価値を客観視できず、
    高額サービスを
    提供できなかったセラピストが
    講座1回5000円の状態から
    コンサルティングにより
    「月100万以上」を達成!
  • 不動産事業をベースとした
    会社員向け少人数制副業塾を
    プロデュースし、
    会社員マインドから
    起業家マインドへの書き換えにより、
    行動の加速化と習慣化による
    継続化を実現
  • 5年間ノウハウ収集のみで
    行動しなかった会社員が、
    不労収入「月収30万」獲得

と、成果を出すことが
できるようになりました。

 

ここまでの自分自身の経験や、
これまで関らせていただいた方々、
お世話になってきたメンターの教えを
ふりかえり、
心と体と魂が一体となって
行動していくことが大事だと
身を持って学びました。

 

ビジネスを構築するやり方を知っても、
それをやり切れる土台を作れないまま
挫折した方は、
私だけじゃありませんでした。

同じ時期に仙台で起業をしようと
活動していた方は、
起業ではなく他の道を選択した人もいました。

不動産事業をやるために、
知識を学んでいても、
完璧主義ゆえに行動できないままで
いる方にも出会いました。

 

やり方を知っていてもできないという状況を
打破するには、
システムエンジニア時代にやってきた
マネジメント手法を
コーチングおよびビジネス構築に
統合することで、
スムーズに起業準備を進めていけると
確信しました。

 

本格的な起業活動を始める前に、
必要な行動をできるだけの習慣作り、
行動を阻害する要因となるマインドの
書き換えといった土台の上に、
自分のビジネスを構築していく。

例えば、お客様となる人に、
認知してもらうために、
SNSやブログ、動画を
使うとなったとします。

その作業をするために、
自分でやったらどのぐらいの時間が
かかるのかがわからなければ、
計画も立てられないわけです。

自分がどのぐらい行動すれば、
どのぐらいの成長に繋がるのか、
やってみなければわからないし、
個人によっても違いがあります。

逆に、行動を阻害するのは
自分の「感情」です。
「感情」を無視するのではなく、
感じた時にどんな対処をすれば、
行動し続けていけるのかも
把握していくことです。

 

そのためには、
自分自身の状況を把握しながら
PDCAを繰り返していくこと。

計画に対しての自分の行動
のみならず、
自分が感じているのかも見て、
どんどん改善していくことが
有効です。

 

私のマイベスト起業準備レッスンを通じ、
スムーズに起業する土台の構築をサポートし、
その上にビジネス構築していくコンサルティングを
提供していきます。

 

今の日本は自殺者が年間3万人超。
生きていくのに窮屈な思考パターンに
陥っている人が多いなと感じます。

例えば、子どもと話をすると、
将来の夢を消去法で
考える子も居ます。
子どもの将来の可能性は
沢山あるにもかかわらずです。

私自身が苦しんでいた時、
「こうあるべきだ」
「なきゃならない」
「失敗したくない」
こんな意識から
自分で自分の可能性を狭めていました。

本来は自分の可能性は無限です。
できるもできないも、
自分で決めています。

だから、自分を認めて信じること。
個人の才能を最大限に発揮して、
価値を提供しあうことで
世界をクリエイトしていく社会へ
繋がっていくと思います。

自分の可能性を信じて、
自分が楽しいと思える方にハンドルを
きっていくことで、
才能が磨かれて
個人の可能性は広がっていきます。

それを地方から実現していくことで、
日本を元気にしていけると信じ、
活動を続けていきます。

 

マイベスト起業準備コンサルタント
佐藤愛

Updated on 2016年7月10日

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です