起業と聞くととても敷居が高く感じるのですが?【Q&A】

起業敷居高い
Pocket

こばんは!
マイベスト起業準備コンサルタントの
佐藤愛です。

 

こんな質問をされました。

 

「起業っていうと、
とても敷居の高さを感じて、
伝えていることに興味はあるのですが、、、」

 

同じようなことを感じている方、
いらっしゃるでしょうか?

 

そもそも、「起業」に対しての
固定のイメージがあるようですが、、、。

 

私の伝え方も、まだまだ
不十分じゃったかーということで、
お伝えしていきます。

 

あなたにとって、
「起業」とは何でしょう?

 

起業の言葉の意味を調べると、
「新しく事業を起こすこと」
とあります。

 

では、「事業」とは何か?

 

「生産・営利などの一定の目的を持ち、
同種の行為を反復、継続、独立して
行うこと」とあります。

 

個人であろうが、
会社を設立して法人であろうが、
事業は事業なわけです。

 

敷居が高い。

 

その敷居、
実は、マヤカシかもしれません。

 

例えば、
私の中での起業とは、、、

 

事業計画をがっちりと立てて、
銀行から融資をがつんと受け、
従業員を雇い、
オフィスもばーんと借りて、
法人化も行い、経営をがっつりやる。

 

というのであれば、個人で
サービスを提供していきたい方には
敷居は高いでしょう。

 

でも、私が言っている起業は、
お客様の役に立つサービスを提供し、
収入を得ていくことです。

 

そこに個人か法人かはありません。

 

個人であっても、
対象とするお客様によっては
法人化させた方がいい場合も
あるでしょう。

 

でも、必ずしも法人化は必須ではない。

 

得たい収入についても、
将来的には年収1000万円以上、
もしくは億単位とあったとします。

 

でも、最初は月収20万円から始めて
数年後に目指していくというのも
ありなわけですよね。

 

「起業」という言葉に対して、
イメージだけで壁を高くする必要は
無いわけです。

 

 

ただ、こういうお客様は、
自分のところのお客様ではない
というのはあります。

 

例えば、

  • 自分さえ良ければ良くて、人を騙し蹴落としてもお金のためだけに起業したい
  • お小遣い程度(月10万未満)に稼げればいい
  • まったく自分を変えたくないし、変えるつもりもない
  • 情報だけ欲しくて、私の言うことを聞くつもりはまったくない
  • 自分の責任を人になすりつける

という方はお力になれません。

 

その場合は、
私以外の方に依頼した方がいいです。

 

敷居の高さからなのか?
私のレッスン以外でも
この言葉を聞くことがあります。

 

「私が参加しても良いのでしょうか」

 

これ他人軸で生きている可能性が
大きいです。

 

だって、自分がその場に
参加したいという気持ちよりも、
他人の意向を重視してますもん。

 

参加するのであれば、
自分が何を得たくて行きたいのか?

 

得たいものがあるなら、
参加すればいい。

 

それは全部自分の責任です。

 

参加してもいいかどうかを相手に
預けているのは、
責任を相手になすりつけているんです。

 

大人ですから、
自分の行動や選択、意思決定は
自分の責任においてするものです。

 

「あんたが言ったからやったのに、
できませんでした」

「参加しても良いって言ったから
参加したのに、内容違ったじゃないか」

「◯◯さんが良いって言ったから
来たのに、ぜんぜん良くなかった」

 

こういう意識の方は、
他のコンサルタントだったり、
セミナーを受けても
成果を出すことはできません。

 

何故なら、
自分の責任で動いていないからです。

 

自分の責任で動いた結果、
自分の幸せを自分が味わうように、
自分の人生は自分のものなんです。

 

あ、ちょっと今日は
堅い話になっちゃいましたが、
大事なことなんでお伝えしました。

 

何事も自分の責任においてです。

 

わからなかったら調べるなり、
聞くなりして判断できる材料を
増やしていけば良いんです。

 

本当は存在しない、
マヤカシに振り回されないように(*^^*)

Pocket

マイベスト起業準備コンサルタント佐藤愛

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です