あなたの行動プログラム古くなっていませんか?

行動プログラムが古い
Pocket

こにちは!
マイベスト起業準備コンサルタントの
佐藤愛です。

 

突然ですが、、、

「あなたの行動プログラム、
古くなっちゃっていませんか?」

 

え?古いってどういうこっちゃー?

そもそも、行動プログラムって何?

ってなるかと思います。

 

なので、一個ずついきますね。

 

行動しなきゃって思っているのに、
なかなか一歩踏み出せない。

頭ではやり方知っているのに、
何故かやれない、やらない。

という経験ありませんか?

 

それが行動プログラムが
古くなっている状態です。

 

ちょっと私の話をしますね。

 

私は小学校、中学校、高校と
バスケ部に所属してました。

 

一番仲の良い友達と一緒に
始めたスポーツだったので、
楽しかったし、面白かったです。

 

でも、練習がキツイこともあったし、
練習サボっちゃおうかなって
思う時もありました。

 

また、試合に出た時も、
楽勝で勝てちゃう試合は良いけど、
競っている試合はツライ時も
あるわけです。

 

そんな時を乗り切る時の
私の行動プログラムは・・・。

 

「強気でいこう!」
「とにかく根性!」
「声出していこう!」

これで乗り切ってきたわけです。

 

だから、この行動プログラムが、
大人になっても残っていました。

 

大学在学中、
実験サンプルが数百を超える中
徹夜状態で分析をする時も、

「とにかく根性!」

 

研究発表で、
他の教授たちへ質疑応答する時も、

「とにかく根性!」

 

試料採集を兼ねた調査船でのバイトで
船酔いになった時も、

「とにかく根性!」

 

就職して、システムエンジニアとして
徹夜でデータ移行作業を
やらなきゃいけなかった時も、

「とにかく根性!」

 

これでやってきたわけです。

 

だもんだから、
根性ある女と思われてた時も
ありました。

 

でも、それでは乗り越えられない時が
やってきちゃうわけです。

 

何故なら、
目の前にある事象に対して、
行動プログラムが不適切だから。

 

行動プログラムを書き換えないと
いけない時なのに、
これまでの古いものに頼って、
行動しようとしちゃうわけです。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、
経験も積んでいたりするので、
これまでの行動プログラムで
やれちゃうと思いがちです。

 

けれど、
自分のステージが変わる時だったり、
チャレンジする時だったりには、
通用しない事の方が多いんです。

 

でも、自分自身にとっては、
透明化しちゃってて、
それに気づけない。

 

単純にやってみてできないから、
自分はダメなんだとか。

 

やる前から、
これまでの考え方で
目の前の事象を捉え、
これは違う。私には向いていない。

 

なんて思い込んじゃうわけです。

 

上記を踏まえた上で聞きます。

 

あなたの行動プログラム
古くなってませんか?

 

う〜ん、
それでもよくわかんないな・・・
という時は。

 

例えば、、、

やる気を上げなければならない。

もっと頑張らなければいけない。

楽しまなければならない。

ワクワクしなければダメなんだ。

自信を持たないとダメなんだ。

時間が無いからできないんだ。

お金がないから無理なんだ。

私なんかがやっちゃいけないんだ。

失敗したらどうしよう。

人に嫌われたらどうしよう。

などなど。

 

何かをやろうとしている時、
上記の言葉があなたの脳内で
つぶやかれたならば・・・。

 

間違いなく、
あなたの行動プログラム
古いまんまでーす。

 

あ〜、そっか。
行動プログラムが古い私は、
ダメなんだ。

 

はい!
その思考自体、
書き換え時でーす。

 

ダメなんじゃなくて、
気づいたんだから、
書き換えちゃえば
良いわけです。

 

でも、何をどうすれば?

 

ってなると思うので、
そこに興味のある方は、
こちらの限定ティータイムレッスンに
ご参加くださいませ(*^^*)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://gcsp.millionstories.jp/?b1227

Pocket

マイベスト起業準備コンサルタント佐藤愛

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です