故郷への感謝を感じるカフェ【私がフルセイルコーヒーへ行く理由】

フルセイルコーヒーに居る
Pocket

「めぐ、この珈琲うめぇべ?」
得意気に言う父。

 

気仙沼で生まれ育った年数より、
離れて過ごした年数が多くなった。

 

そんな私と砂糖ナシでもやさしい甘みある
珈琲との初めての出会い。

 

おしゃれなカフェで珈琲を飲むなんて
存在しない港町である気仙沼に
珈琲のあるライフスタイルを提供したい

想いからできたアンカーコーヒーは、
父や母のみならず、
私にとってお気に入りのお店になった。

 

 

2011年3月11日。
大津波によって、気仙沼の店舗は全て流された。

 

唯一、シンボルである錨マークの看板だけが
瓦礫の下から見つかった。

 

マイナススタートから復興に立ち向かう
アンカーコーヒーの人たちの姿に、心が震えた。

 

 

私にできる応援をと、ファンドで応援した。
震災後開店したフルセイルコーヒー一番町店へ
何度も通った。

 

最初は、応援の気持ちで。
いつしか、故郷への感謝を感じる場になっていた。

 

私を育ててくれた港町。
その港町に珈琲のあるライフスタイルを
届けるアンカーコーヒー。

 

あなたの故郷を想うひと時を、
珈琲と一緒にいかがでしょう。

 

 

アンカーコーヒー

フルセイルコーヒー一番町店

Pocket

マイベスト起業準備コンサルタント佐藤愛

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です