あなたが自分につく嘘は予想以上?【思考のトラップを活かす】

自分への嘘は
Pocket

突然ですが質問です。

 

「あなたは自分に対して、
をついていませんか?」

 

この質問に対して、

「失礼な!私は自分に嘘を
ついていない!
少なくとも、もし自分に嘘を
ついていたらわかるし!!!」

と、思っていますか?

 

同じメンターの元で学んでいる、
ある姉弟子が以前こう言ってました。

 

「人ってみんな自分に嘘ついて
生きているんだよね〜」と。

 

それが良いとか悪いとかではなく、
どういうことなのかな?
と、その時は、
よくわかっていませんでした。

 

実は、自分に嘘をついているのは、
自分が予想している以上だし、
その嘘が自分に与える威力も
予想以上なんです。

 

どういうことかというと、、、

 

人は、自分で自分に
嘘をついている時はそれとわかる
と思っているかもしれませんが、
実際は違います。

 

人は、自分がなぜそうしたのか、
人はたいていわかっていません。
そこで自分の決断や感情や
過去の体験を説明するため、
架空のものが質を創り出し、
しかも自分でそれに気づいていません。

 

生まれてから今までの記憶が
すべて記憶されていて正確に
思い出されるのであれば別ですが、
人は忘れます。

 

すると脳の中で記憶に空白ができます。
脳は空白を嫌うので、自分にとって
都合のいい架空のストーリー
作るわけです。

 

そして、そのストーリーでもって、
私はこういう人間であると
認識しています。

 

何度も言いますが、
それが良いとか悪いとかではなく、
誰もがみなそうなっています。
脳の仕組み上、みんなそうなんです。

 

だから、仮に嘘だったとしても、
本人がそれを正しいと
認識してしまえば、
その人にとっての自分になるわけです。

 

フォード創業者の
ヘンリー・フォードの言葉にも、

 

『あなたが「できる」と思おうと
「できない」と思おうと
どちらも正しい』

 

とありますが、
自分自身が思ったことが
本人にとっては正しいことになるわけです。

 

だったら、
自分に力を与えるストーリーにしちゃおう(≧∇≦)/

 

過ぎ去った過去に対して、
正しい・正しくないは本当は関係ないです。

 

あ、もちろん
マサチューセッツ工科大学卒ではないのに、
マサチューセッツ工科大学卒だ!
っていう学歴や職歴の嘘はあかんけども(笑

 

でも、過去に自分が経験してきたことに対して、
どう意味づけるするのかは自由ですよね。

 

もし、自分自身が最高の
パフォーマンスを発揮するような
ストーリーはどんなものだろう?

 

行動する理由にしちゃえば良いですよね。

 

例えば、、、
昔いじめられていた経験があったからこそ、
私は人の痛みがわかるし、人を大切にできるんだ!
とか

 

でも、大抵は行動しない理由にします。

 

何故なら、脳は変化することを嫌います。
これまでやったことのない行動を
すれば、変化することは確実。

 

なので、行動しない理由を
生み出すことにかけては、
命がかかってるぐらいの勢いでやります。

 

例えば、
自分がこんな風に消極的なのは両親の教育のせいだ
過去にいじめにあったせいで人と話ができない
ブラック企業で働いた経験があるからトラウマになっている
などなど

 

でも、そんな理由作って、
本当に幸せになれるでしょうか?

 

「私は幸せになれないし、なりたくもない!」
という人ならば、そのままでいいと思います。

 

「好きでやってるわけじゃない!」
って言う人もいるかもしれません。

 

でも、やりたくてやってるんですよ。

 

私自身の経験をふりかえると、
自分自身が作った理由で行動しない、
行動しても結果を出せないようにしている、
結果を出しても認めていない、
などなど。

 

あなたが叶えたいは何でしょうか?
どんな人生を送っていきたいのでしょう?

 

それを手にしたいと思うなら、
行動しちゃう理由に過去を書き換えちゃおう。

 

過去のストーリー、
つまりは今の自分を夢をかなえる自分に。
手にしたい人生を送れる自分に。

 

私自身も夢に向かって走っている途中です。
何故なら、人はいつでも途中経過にありますから^^

 

人はみんな自分に嘘をついています。
なら、自分に力を与える嘘にしちゃいましょう(≧∇≦)/

 

 

参照:思考のトラップ

Pocket

マイベスト起業準備コンサルタント佐藤愛

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です